Bo-Mee Lee
Special Interview

BO-MEE LEE INTERVIEWイボミプロインタビュー

「イ ボミ プロの“強さの秘密”教えます」

イ ボミ プロが「たくさんの秘密を話しました!」というルコックゴルフだけのスペシャルインタビューを3回にわたって掲載します。第1回はもちろんプロの“強さの秘密”。ゴルフを愛するすべてのプレーヤーを惹きつける彼女の魅力に迫ります。

打ちたいボールをイメージして“柔らかく”打つ

ーアマチュアゴルファーなら誰もが知りたいことですが、スタートホールのティーグラウンドで緊張しない方法を教えてください。

アマチュアの方だけでなく、私ももちろん1番ティーでは緊張します。そういうときは深呼吸して心臓を落ち着かせます。そして、素振りをしながら、「スイングのどこに気をつけるか」を頭に入れて打つだけです。
私たちはコースに出る前にしっかりストレッチをして、練習場でボールを打ってからスタートするので、事前に身体を動かすことも肝心です。身体を動かすことでケガもしないでしょうし、思ったイメージで打てると思います。
スタートのティーグラウンドでは力を入れずに振って、打ちたいボールをイメージして“柔らかく”打つことに集中してみてください。

「3ホール終わったら食べる」が私のルーティーンです

ーゴルフには集中力が大切ですが、集中が切れそうなときはどうしていますか。

本当にゴルフには集中力が大事ですね。トーナメントのときは、「3ホール終わったら食べる」をルーティーンにしています。気分転換になるし、エネルギーが入ったらスイッチが入ります。皆さんも集中力を取り戻したいときのために、何か自分の決まりを決めてはいかがでしょう。

ープロにとってキャディ(清水さん)はどんな存在ですか。

先生みたいで、たまにお父さんみたいです。優しいし、ゴルフ以外の悩みを相談してもいいことを言ってくれるのでありがたいです。
試合中はスイングのことを話すのが一番多いですね。コースマネージメントなど、ゴルフの話が80%です。試合中に意見が分かれることもありますが、ケンカしながら(笑)、私の言うことも聞いてもらって相談します。でもだいたい清水さんが合っていますね。楽しいし、頼もしい存在です。

お母さんに言われたことをしっかり守っています

ーお母さんととても仲良しですが、お母さんとゴルフの話はしますか。

私たちにとって成績は大事ですが、お母さんから、「ファンやギャラリーを大切にして、良いプレーができるように頑張らないとプロじゃない」と言われるので、いつも頑張ってゴルフをしています。私が優勝すると一番喜んでくれます。
お母さんは「食べること」を一番大事にしていて、「きちんと食べて、集中して、努力したら、成績は後からついてくる」というのをしっかり守っています。

春を告げるニット+シャツの最旬レイヤードスタイル!

イ ボミ プロが爽やかに着こなしているのは、ケーブル柄のクルーネックセーターとストレッチが効いたシャツを重ねて、春の鮮やかな花柄スカートとのコーディネート。ニットの凹凸感あるコルネのようなケーブルが若々しさをアピールして、春らしい植物モチーフを華やかなデザインに仕上げたスカートは、インナーキュロット付で安心感も◎。春のゴルフシーズンの幕開けにふさわしいフレッシュカラー&スタイルです。